シースリー(C3)を辞めるときの手続きって?解約方法や月額ローンの返金制度を詳しく教えます

シースリーに通っているけれど、解約をしなければならなくなった人必見のシースリーでの解約方法について詳しくまとめました。
解約方法だけではなく、コースの途中で解約した場合の返金額など、解約に関する疑問を解決できる内容になっています。
解約をする前にぜひ参考にしてください。

シースリーは店舗に行かなくても電話・Webだけで解約できる!

解約を直接スタッフの人に伝えるのは、気まずい・・・・・・という人も多いものです。
シースリーでは、直接店舗に行って解約しなくても、電話やWebで解約でき、気まずいということはありません。
では、解約方法について詳しく見ていきましょう。

電話での解約方法

電話で解約したいときには、通っている店舗かシースリーのお客様センター(0120-462-030)へ電話をし、解約したいことを伝えましょう。
解約したいことを伝えた後は、解約するための書類が送られてきます。
書類に必要事項を記入し、捺印することを忘れずに返送すれば完了です。
返金がある場合には、中途解約清算金計算書も同封されています。
返金されたお金を振り込んでもらうために銀行口座を記入する必要があるので、銀行口座がわかるものを用意しておきましょう。

Webでの解約方法

公式サイトの会員の皆様へというところをタップし、お問い合わせというところへ進みます。
会員向けのところがあるので、さらに進むと解約についての問い合わせが可能です。
Webでの問い合わせ後は、シースリーからの連絡を待ちましょう。
電話での解約と同じように書類が送られてくるので、必要事項を記入し返送すれば完了です。

クーリングオフ制度を使った解約方法

勢いで契約をしてしまったけれど、やっぱり解約をしたいというときにはクーリングオフ制度を利用しましょう。
クーリングオフ制度は、一定期間の間であれば、無条件で契約を解消できる制度です。
脱毛サロンとの契約の場合は、契約から8日以内であればクーリングオフ制度を利用できます。
契約から8日以内にハガキに以下の項目を書いて、シースリーの本社に送りましょう。

  • 約日
  • 約書受領日
  • ロン名
  • 約したコース名
  • 約したコースの金額
  • 約者の名前
  • 員番号
  • 話番号

ハガキのコピーを取っておき、送ったことを証明できる簡易書留や特定記録郵便を使って郵送することがオススメです。
クレジットカードで支払う契約にした場合には、クレジットカード会社にも同じ内容でハガキを送る必要があります。

シースリーの返金制度には注意!一定回数を通うと返金されないことも

契約の途中で解約するときに気になるのが返金額です。
シースリーで解約する場合、返金額の計算方法が少し難しくなっています。
回数無制限プランと、回数制プランの二つの場合で計算方法が異なるので、それぞれの場合で詳しくまとめました。

無制限プランの場合

返金可能な回数が決まっていて、脱毛をした回数が4回未満の場合のみ返金してもらえます。
4回未満の場合は、
支払った金額-(1回分の料金×脱毛をした回数)-違約金
とすることで返金額の計算が可能です。
無制限プランは、1年間で5回通い、その後は好きなだけ通えるプランとして契約されています。
無制限プランが420,640円なので、1回あたりは84,128円です。
違約金は、まだ脱毛をしていない金額の10%で計算でき、上限は2万円と決まっています。
たとえば、2回脱毛を受けていたとすると、
420,640円-(84,128円×2)=252,384円(まだ脱毛をしていない金額)
となります。
違約金は、以下の式で計算が可能です。
252,384円×0.1=25,238円
計算結果は25,238円となりますが、上限は2万円と決まっているため2万円です。
返金額は、
420,640円-(84,128円×2)-20,000円=232,384円
と計算できます。

無制限プランについてもっと詳しく

回数制プランの場合

返金可能な回数は、10回パックと13回パックの場合は脱毛をした回数が4回未満、6回パックの場合は脱毛をした回数が2回未満と決まっています。
回数制プランの場合も無制限プランの場合と同様、返金額は、
支払った金額-(1回分の料金×脱毛をした回数)-違約金
と計算できます。

返金可能回数を超えていた場合

返金可能な回数以上脱毛をしていた場合、返金されることはないのに違約金はかかってしまいます。
シースリーは脱毛に期間が定められておらず、無期限で通うことができるため、無理に解約せずにおいておくことも一つの手です。
忙しくて通えないという人も、プライベートが落ち着いてからまた通うという選択もあります。

「シースリーが合わない」という人にオススメの脱毛サロン・クリニック

シースリーが自分には合わないから解約をしたいという人にオススメの脱毛サロンとクリニックを紹介します。
シースリーを解約しても脱毛を続けたい人は、ぜひ参考にしてください。

脱毛サロンならストラッシュ

ストラッシュは、解約可能な回数が6回と、シースリーよりも2回多いという点で、もしものときの解約も安心です。
シースリーと同じように全身脱毛の通い放題プランがあり、同じように通えるという点でも乗り換えを検討しやすい脱毛サロンとなっています。
シースリーからストラッシュに乗り換えるなら、リベンジ割を利用でき、無制限プランなら30%オフと割安です。
脱毛サロンによっては予約が取りにくいという口コミがあります。
ストラッシュは、予約が取りやすいという声が多く、比較的スムーズに予約が可能です。
脱毛後にお店で次回の予約をすれば、予約が空いていることが多く、予約をし忘れることもありません。

医療脱毛ならフレイアクリニック

回数無制限プランはありませんが、脱毛サロンよりも高い脱毛効果を期待できる脱毛クリニック・フレイアクリニックもオススメです。
シースリーで脱毛効果をあまり感じられなかったという人にとくに向いています。
乗り換え割があり、最大で3万円安く脱毛可能です。
フレイアクリニックには、予約保証制度があります。
予約保証制度とは、脱毛を期間内に完了できる制度です。
5回コースなら1年以内に必ず脱毛完了できるため、予約が取れなくて脱毛がなかなか進まないということがありません。
予約の取りやすさを重視して脱毛クリニックを選ぶなら、フレイアクリニックがオススメです。

【結論】シースリーを解約するときは返金対象になるか通った回数をチェックして!

シースリーは、もし解約することになっても電話やWebで簡単に解約ができます。
返金になるかどうかは、脱毛を受けた回数によるため、何回通ったのかを一度確かめてみましょう。
いくらぐらい返金になるのか知ってから解約するかを決めたいという人は、店舗やお客様センターに問い合わせることがオススメです。

Leave a Comment