シースリー(C3)は生理になっても脱毛できる?生理中の対応や疑問をまとめました

シースリーは、全身脱毛専門の脱毛サロンです。
そのため毎回、全身すべての部位を施術してもらいます。
そのときに気になるのが、毎月くる生理です。
予約をしていたけれど、生理になってしまったときには、キャンセルをしなければならないのでしょうか。
生理でも脱毛をしてもらえるのでしょうか。
本記事では、シースリーの生理時への対応について詳しくまとめました。
脱毛をしたことがないという人でもわかりやすく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

シースリーでは生理中だと全身どこでも脱毛NG!

シースリーでは、生理中はVIOラインだけではなく、全身すべての部位の脱毛を受けられません。
シースリーが生理中にすべての部位の脱毛を受付けていない理由は3つあります。

1.感染症予防のため

1つ目は、生理中は経血が漏れる可能性があるということです。
施術中に経血が漏れてしまい、施術をするベッドが汚れてしまうと、ベッドを使用した人が感染症を発症するリスクが高まってしまいます。

2.ホルモンバランスが不安定なため

2つ目は、生理中はホルモンバランスが安定せず、正しい脱毛効果を得られないということです。
正しい脱毛効果を得られないだけではなく、肌トラブルが起こる可能性が高く、生理中の脱毛はおすすめできません。

3.肌が敏感になっているため

3つ目は、生理中は、脱毛の痛みを感じやすいということです。
生理中の肌は敏感で、施術のパチンのゴムで弾かれたような痛みを感じる可能性があります。

脱毛と生理の関係についてもっと詳しく

シースリーなら当日に生理が分かっても無料キャンセルOK!

生理になる日を予想することは難しいものです。
予約を取っていても、予約当日に突然生理になることも考えられます。
シースリーは、予約当日であっても、無料でキャンセルが可能です。
予約時間の1分前までにWEBか電話で連絡をしておけば、キャンセル料がかかることはありません。
予約時間になってからキャンセルの連絡をしたり、無断キャンセルをしたときには、キャンセル料がかかります。
回数無制限プランの場合、キャンセル料として3,000円かかってしまうので注意しましょう。

シースリーでの生理に関するQ&A

シースリーで脱毛をするときに知っておきたい生理時の対応への疑問をまとめました。

生理はいつからいつまでですか。

シースリーでは、生理期間を経血が出ている期間としています。
生理の終盤で、経血の量が少なくなってしたとしても生理期間と見なされるので、脱毛を受けることはできません。
経血が完全に出なくなってから脱毛を受けるようにしましょう。

ピルを服用していても脱毛を受けることはできますか。

低用量のピルであれば服用していても脱毛を受けられます。
中用量や高用量ピルを服用している場合は、脱毛を受けられないことがあります。
一度医師に相談することがおすすめです。

生理に関係なく脱毛したいなら別の脱毛サロンがおすすめ

シースリーと同じように、全身を通い放題で脱毛できるサロン5つをシースリーと比較しました。
料金や生理中の対応などについて比較しているので、参考にしてみてください。

シースリー キレイモ ストラッシュ レイビス リンリン
料金プラン(税込) 420,028円 562,000円 406,780円 198,000円
(顔を除く)
298,000円
生理中でも対応可能な部位 なし VIOとヒップ以外 VIOとヒップ以外 VIOとヒップ以外 VIO、ヒップ、顔以外
予約変更OKの期限 予約時間の1分前 予約前日まで 予約前日’20時まで 予約前日まで 予約前日20時まで
当日キャンセル料 3,000円 施術1回分消化 施術1回分消化 施術1回分消化 施術1回分消化

シースリー以外の脱毛サロンは、生理中であってもVIOラインとヒップ(リンリンのみ顔もNG)以外は施術可能です。
早く脱毛を終わらせたいという人は、他の脱毛サロンを検討してみてはいかがでしょうか。

【結論】シースリーでは生理中の脱毛NGでも事前キャンセルOKでフォロー良し!

シースリーは、生理中は全身どの部位の脱毛もできません。
しかしフォロー体制がしっかりしているシースリーなら、予約時間の1分前まで無料で予約変更可能なので、突然生理になってしまっても安心です。

月額6,900円で通い放題
公式サイトへ
このボタンからの申込で10,000円OFF!

Leave a Comment