シースリー(C3)に通っている最中に妊娠したら脱毛は続けられる?妊娠したときの対応や手続き方法を徹底解説

シースリーの脱毛は、その他の脱毛サロンのように脱毛期限に縛りがないのが魅力です。
これから結婚の予定がある人、すでに結婚している人は、脱毛に通っている期間中に妊娠する可能性も否定できないですよね。
シースリーに通う場合、もしも妊娠した時にはどのような対応になるのか知っておいた方が良いでしょう。
そこで今回は以下の疑問にお答えしていきます。
「シースリーは妊娠中も脱毛できる?」
「妊娠した場合のシースリーの対応は?」
「妊娠が発覚したら途中で解約できる?」
将来の妊娠を考えているけれど、シースリーでの脱毛を考えている人は最後までチェックしてみてくださいね。

シースリーでは妊娠中の脱毛がNG!

シースリーでは妊娠中の場合、脱毛が行なえません。
シースリーに限らず、その他の脱毛サロンやクリニックでも妊娠中の脱毛はNGなんです。
「光脱毛は赤ちゃんに害があるの?」と考えてしまいますよね。
脱毛の光は肌表面から3ミリ程度の深さまでしか作用しません。
3ミリではお腹の中の赤ちゃんがいる深さに届かないため、赤ちゃんに直接的な影響はないとされています。
万が一妊娠に気付かず脱毛した場合も、あまり心配しなくて大丈夫です。
ではなぜ妊娠中の脱毛がNGであるのか、理由を説明していきますね。

妊娠中はホルモンバランスの変化により、刺激で肌トラブルのリスクが上がる

妊娠中に脱毛をすると肌荒れが起こりやすくなります。
妊娠中は女性ホルモンである「エストロゲン」と「プロゲステロン」の分泌が増加。
赤ちゃんを子宮で育て無事に出産するための変化ですが、同時に肌も敏感になり刺激に弱くなってしまうのです。

体毛が濃くなり、脱毛の効果が得らなくなる

妊娠すると妊娠前より体毛が濃くなり、毛周期も長くなるために脱毛の効果が得られなくなってしまいます。
妊娠中に増えるプロゲステロンは、寒さや外部の刺激から母体を守ろうと、毛を濃く生やしたり毛周期を伸ばそうと働くからです。

脱毛時の刺激や体勢によって体にストレスがかかる

身体が敏感になっている妊娠中は、脱毛施術がストレスとなる場合があります。

脱毛ジェルの臭いでつわりが出る

つわりの多い妊娠初期は、ちょっとした臭いでも吐き気を感じてしまいます。
脱毛ジェルの臭いでも気分が悪くなってしまう場合もあるでしょう。

脱毛の痛みが強く出る

肌が敏感になる妊娠中は、脱毛時に痛みも伴いやすいです。

脱毛時の体勢がツラい

お腹が大きくなってくると、仰向けなどずっと同じ体勢を取るのがツラくなります。

脱毛は赤ちゃんに直接的な影響はないとはいえ、母体がストレスを感じてしまう事は赤ちゃんにとっても良いとはいえないですよね。
脱毛による痛みやストレスで体調に異変があっても、医療機関ではないので対処ができないのです。

妊娠中の脱毛についてもっと詳しく

シースリーでは妊娠しても手続きする必要なし!

シースリーでの脱毛期間中に妊娠した場合、とくに手続きなどは必要ありません。
なぜならシースリーの脱毛は、回数制限のありなしに関わらず、脱毛期間が無期限であるためです。
もし脱毛期間中に妊娠が発覚した場合も、解約や休止をする必要がなく、予約を入れなければいいだけ◎
出産を終えて落ち着いた時に、今まで通りに予約をいれるだけで脱毛が再開できます。
脱毛の契約が無期限なのはシースリーだけの特徴です。
妊娠を考えているけど脱毛もしたい人にとって、シースリーの無期限制度は嬉しいですよね。

すでに予約済みの人はキャンセルを忘れないで!

もし予約を入れた後に妊娠が発覚した場合は、店舗に連絡を入れて予約をキャンセルしましょう。
予約時間の1分前までに連絡をすれば、ペナルティなくキャンセルができます。
予約時間を過ぎてしまうと、回数無制限コースは3,000円の追加料金が発生、回数制限があるコースは1回分の施術が消費されてしまので注意してください。

妊娠中でも脱毛料金を支払う場合があります

シースリーでは「脱毛料金を一括払いしている人」「支払いが済んでいる人」以外は、妊娠中に脱毛へ通えなくても料金の支払いをしなくてはいけません。
シースリーには元々休止制度はなく、妊娠中で脱毛がストップしていても休止扱いにはならないのです。
支払い方法は、一括支払い以外に以下3つあります。

支払いプラン支払い方法
フラットシースリー月額払い
スキップシースリー
(タイプA)
8か月後に全額支払い
(後払い)
スキップシースリー
(タイプB)
8か月後。14か月後に半額ずつの支払い
(後払い)

上の支払い方法を選んだ人で、脱毛料金の支払いが残っている場合、脱毛をお休みしていても料金の支払いは続く事を頭に入れておきましょう。
シースリーは先にも説明があるように、脱毛期間が無期限です。
料金をすべて支払った後でもゆっくり脱毛へ通えるので、損をする事はありませんよ。

解約する場合は手数料が発生する

シースリーではどの脱毛コースであっても、途中で解約すると手数料が発生します。
手数料は、未消化分の料金の10%(上限2万円)です。
手数料を支払って解約するのももったいないですよね。

シースリーの解約についてもっと詳しく

いつからシースリーの脱毛を再開できる?

シースリーでは、産後は以下の条件を満たしていれば、脱毛を再開できます。

1.生理がきた
2.授乳を終えた

産後すぐや授乳中はホルモンバランスが不安定で、安定する時期も個人差があります。
授乳を終え、生理が復活するまで脱毛はお休みしましょう。
脱毛期間が無期限なので、慌てて再開しなくても大丈夫です。

【結論】シースリーは妊娠を考えている人や妊婦さんでも安心して通える脱毛サロン!

妊娠中は身体が敏感になり、「脱毛で肌が荒れる」「脱毛効果が下がる」「母体にストレスがかかる」というリスクがあるため、シースリーでは脱毛施術ができません。
しかしすべての脱毛コースが無期限なので、産後落ちついた時にゆっくり再開できます。
シースリーは妊娠をしても安心して続けられるサロンです。
脱毛と同時に妊娠も考えている人は、ぜひシースリーを検討してみましょう。

Leave a Comment